雑記

「大学に行っておけばよかった!!」と心から後悔した出来事

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

30年ほど前の話になりますが、私は大学受験に全落ちして専門学校に進学しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

その頃は大学の進学率が3割弱で短大全盛期の時代だったので、専門学校に行かせてもらえたことを親に感謝しています!!

そんな理由で専門学校に通い、卒業しましたが「大学に進学しておけば良かった」と後悔したことは今までに3回あります。

一体どのようなタイミングで「後悔」したのかを下にまとめます。

スポンサーリンク

大学に進学しなくて後悔したこと

1回目の後悔は専門学校に入ってから

大学には行けなかったけど専門学校で資格を取ればいいや!!と気軽に考えて入学しました。

ところが専門学校は高校の授業のようにみっちり時間割が詰まっている上に、1年経つとすぐに就活を意識しなければならなかったので、とにかく忙しい毎日でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

バラ色のキャンパスライフなんてものは存在しませんでした…

夏休みなど長期休みも短く…検定試験が重なると1カ月以上休みなく勉強しなければならず、バイトのシフトもなかなか入れることが出来ませんでした。

4年間かけてゆっくり学び、長期休みはリゾートバイトに出かけたり、海外旅行に出かけたりしていた大学生の友達がとにかく羨ましかったです!!

2回目は社会人になって資格が取りたいと思った時

ケロケロママ
ケロケロママ

世の中には「大学を卒業」していないと取れない資格が多くあります。

私が取りたかった資格もその一つだったので、断念せざるを得ず…専門学校時代に通信でもいいから「大卒資格」を取っておけば良かった!!と後悔しました。

25で結婚して2人の子どもを産んでからは子育てに忙しかったこともあり、自分の学歴を意識することは一切ありませんでした。

3回目は娘が高校に入ってから

娘の入学した高校は進学校だったので、三者懇談など常に大学に進学する前提で話が進みました。

国公立大学を受けることを当たり前と考えている高校でしたが、話をしていて自分に全く「大学受験に対する知識」がないことに気づきました。

私立大学の一発勝負の一般入試(しかも全落ち)しか経験がなかったので、国公立大学の受験方法はさっぱり分かりませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

ただ、受験方法は調べればすぐに分かります!!

分からないことは検索すればすぐに分かりましたし、娘が行きたい大学には「どの教科が必要でどのような受験の方法があるのか?」は担任の先生に質問すれば詳しく教えてくれました。

では何が問題だったのかと言えば…

私が大学受験の一般入試の受けさせ方を理解していなかったことにありました。

一般入試の厳しさ

私の世代(団塊ジュニア世代)の大学受験は大変でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学の定員は今とほぼ同じの50万人なのに、100万人弱が受験していました!!

倍率も凄いことになってましたし浪人生の数も多かったです。

そんな大変だった世代に「しっかりと大学受験した親」は、子どもの受験の負担の軽減方法を知っていました。

私は娘の受験校を決める際は、A判定の大学を1校滑り止めで受けさせ、あとはB判定~C判定のレベルの大学を2校受けさせるという決め方をしてしてしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

A判定の滑り止めを1校受けさせれば大丈夫か~と考えてました…

A判定でも落ちてしまったんですけどね!!↓

「大学受験」娘がA判定だった滑り止めの大学に落ちた話です

でも、「しっかりと大学受験を経験して来た親」は、A判定~C判定の大学を3校ずつ受けさせた上で国公立大学を受けさせてました。

受験料がかかりますし、「10校近くも受けさせる必要ある?」と正直思っていましたが、

  • 本番(国公立大学)に向けて入試の雰囲気に慣れさせること
  • 滑り止めの大学の合格通知を早めにもらって安心させること

多少お金がかかっても、この2つを徹底させることの大切さを後から知ることとなりました。

入試の雰囲気に慣れさせるためにA判定の大学から順番に難易度を上げて受験させ、尚且つ合格通知をもらうことで精神的に安心させる。

これは本当に大切なことでした。

最後に

最初にも書きましたが、私は親に言われるがまま、家から近くてそこそこ名前の通った私立大学を3校受け、全部落ちてしまったから専門学校に願書を出して入学しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

本当に何も考えず受験しただけでした!!

専門学校卒なので、学歴も「高卒」です。

そんな適当な受験をして来た癖に、大学受験を甘く見ていたところがあり、それ故に娘に必要のない辛さを体験させてしまいました。

私の周りにいる高卒のお母さんは、受験した経験がないこともあり、細かな大学のレベルの差を分かっていない人もいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

私も全く分かっていませんでした!!

大袈裟な書き方になりますが、「国公立大学が一番!!それ以外の関関同立やmarchはお金を出せば入れるんでしょ?」と真剣に考えている人も中にはいました。

MARCH(偏差値60以上)の大学に一般入試で入る子のレベルは、全受験生の上位約15%です!!

世間的にCランク・Dランクと言われている私立大学でも一般入試で入るのは容易いことではありません。

模試でA判定だからと言って油断していたら普通に落ちるのです。

ケロケロママ
ケロケロママ

経験がないことから来る情報の欠如というのは本当に怖いです!!

娘には申し訳ないことをしましたが、本当に勉強になりました。

この反省を生かして息子の大学受験では、本人の負担が少しでも軽くなることを第一に考えて日程を組もうと考えています。

 

本当に価値のある大学を探している方に是非読んでもらいたい本です。