高校受験疑問

受験前の子どものへの声掛けについて(個人差が大きいです!!)

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。
娘は高校受験と大学受験、息子は高校受験を経験して来ましたが、姉弟で「受験勉強」の取り組み方は全く異なりました。
ケロケロママ
ケロケロママ

姉弟で受験前の声の掛けの内容も全く違いました!!

受験が終わった今、子どもたちに「どんな声掛けが嬉しかった?」と聞いたところ、意外な声掛けが嬉しかったと言われたのでまとめます。
頑張っている我が子に対してどんな声掛けをしたらいいんだろう?と悩んでいる保護者の方の参考になれば幸いです!!
スポンサーリンク

娘に対する声掛け

高校受験

言われなくても勉強するタイプの娘でしたが、頑張り過ぎて自爆してしまうこともありました。

頑張り過ぎて、最後の最後に緊張の糸が切れてしまった娘の話はコチラです。↓

「高校受験」受験期間中に友達から遊びに誘われたらどうする?

高校受験中の娘への声掛けは「休憩を挟まないと集中力が持たないよ~」でした。

他っておくと朝から晩まで勉強机に向かっている状態だったので、意識して休憩させるようにしてました。

むすめ
むすめ

時々声をかけてくれて休憩が取れたことで、逆に長い時間勉強することができたよ!!

言われなくても黙々と勉強してくれる子なんて羨ましい、と思われるかもしれませんが…

娘はいきなり集中力の糸が切れて、ドカーン!!と情緒不安定になることが度々あったので、「不満は小出しにして欲しい…」と常々思っていました。

私立高校の受験日の声掛けは「頑張っておいで!!」でした。

緊張から少し青い顔していた娘に対して、背中を軽く叩きながら言いました。

むすめ
むすめ

受験が終わって家に帰った時、「お疲れ様!!頑張ったね~」と声を掛けてくれたのも嬉しかったよ!!

公立高校の受験日の声掛けは「1教科白紙で出しても合格できるからね!!」でした。

娘は内申でかなりリードしていたので、1教科くらい全滅でも大丈夫だからね!!と言う気持ちで伝えました。

むすめ
むすめ

1教科くらい失敗してもいいや!!って開き直ることができたよ~

この日帰宅した娘には「受験が終わったね、お疲れ様」と伝えました。

受験中の娘は、平日は夜10時まで塾で、土日は朝から夜7時の閉館まで図書館で勉強していた為、ほとんど家にいない状態でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

なので、娘にはあまり声掛けはして来なかったのですが、出来るだけプラスになるような声掛けをするよう心掛けてました!!

大学受験

大学受験でも、高校の自習室か図書館の自習室に行って勉強していました。

高校受験に輪をかけて勉強を頑張っていたので、掛ける言葉が見つからないほどでした。

一緒に勉強を頑張ってくれる友達がいたので、高校受験時のように情緒不安定になることは一度もなかったのが良かったです。

ケロケロママ
ケロケロママ

友達って大事ですね!!

大学受験当日も、「いつも通り頑張れば大丈夫だよ!!」と声を掛けて見送りました。

成長に伴って芽生える感情

高校受験の時の10倍、大学受験は緊張した…と後から娘は言っていました。

高校受験では感じなかった「失敗したくない!!」という恐怖心のような気持ちが大学受験ではあったそうです。

むすめ
むすめ

私立大学の受験初日は緊張で手が震えたよ~

娘が手が震えるほど緊張したのは初日だけだったとのことなので、大学受験では、初日に本命(第一志望校)にならないようにスケジュールを組むことをおすすめします。

ケロケロママ
ケロケロママ

2日目、3日目と受験会場の雰囲気に慣れて手が震えなくなったそうです!!

息子に対する声掛け

娘だけを育てていたら、受験期までは比較的楽な子育てが出来ました。

ケロケロママ
ケロケロママ

この先はまだ分かりませんけどね!!

ですが、我が家には娘と真逆な性格をした息子がいます…。

この息子は、受験生なのに言われないと勉強をしない子だったので、「早く勉強しなさい」と毎日言い続けていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

そして毎日親子ケンカしてました…

  • 言われなくても勉強をやる子
  • 言っても勉強をやらない子

両方のタイプの子育てをして来ましたが、ひとつ言えるのは「育て方は関係ない」ということです…。

高校受験

なかなか勉強に取り掛からない息子にイライラする毎日でしたが、私立高校の志望校が決まったある日、

「きつく勉強しろと言って気合を入れて欲しい」と頼まれました。

私に勉強のことで口を出されると、怒りの感情が出ることでやる気が湧くとのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

何だそりゃ!?

世の中の受験生が親から言われたくない言葉No.1が「勉強しなさい」だと思うのですが、その言葉を自ら言って欲しいとお願いする子がいるんだな…と驚きました。

まぁ、そこからは言いたい放題「勉強しなさい!!」と言わせてもらいました(笑)

息子が言われなくても勉強するようになったのは、第一志望にしていた私立高校に落ちてからです。

「不合格」という痛い目に合うことで、ようやく自主的に勉強するようになりました。

公立高校の受験日の声掛けは「しっかり(受験を)受けて来なさい」です。

息子の受験は最後の最後まで心配で、強めに声を掛けて送り出しました。

2年後の大学受験はどうする?

今は、この先の進路は本人に任せると伝えてあります。

高校からは義務教育ではありませんし、勉強しないことで大学に落ちたのなら働いてもらいます。

ただ、本気で勉強を頑張っているのなら、親としてできる限りの応援はしようと思っています。

その子によって声の掛けかたは違います

プレッシャーをかけるとやる気を出す子もいれば、親から何も言われたくない子もいます。
ケロケロママ
ケロケロママ

受験生に対する声掛けに正解はありません!!

我が子が一番安心できる声掛けが見つかるといいですね。
私が声掛け以外で気を付けていたのは、「食事中に受験の話題を出さない」ということでした。
むすこ
むすこ

ケンカをしていても、食事中だけは一時休戦していたね~!!

おすすめ記事

塾講師をしている娘曰く、塾で寝てしまう子は普通にいるそうです!!
「中学生活」塾でぐっすり寝てしまう子

疲れている時、元気を出したい時にいつも読んでいます!!↓

ケロケロママ
ケロケロママ

ブログも超おすすめです!!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ