高校生活の悩み

「高校入学の初めての定期テスト」息子がクラス1位を取りました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は「内申美人」だったので推薦をもらって高校に入学しました。

ただ、入学出来て喜んでいたのも束の間…最初の実力テストでボロボロな点数を取るわ、授業にもついて行けなくなるわで大変な思いをしました。

ボロボロな点数を取った娘の話はコチラです。↓

むすめ
むすめ

授業が始まって1週間で物理の授業の内容が全く解らなくなったんだよ。

ケロケロママ
ケロケロママ

物理だけじゃなく英語も常に赤点スレスレだったね…。

そしてこの春から高校生になった息子ですが、娘とは真逆のタイプです。

内申は受験者平均を大きく下回っていたけど、当日点を取ることで高校に合格しました。

むすこ
むすこ

塾の先生からは奇跡の合格と言われたよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

合格者の過去最低内申を更新したって言われたね。

息子の内申が低かったのは以下の理由が大きかったと思っています。

  • 定期テストの副教科の点数が全く取れなかったこと
  • 先生とコミュニケーションを取るのが苦手だったこと
むすこ
むすこ

先生と仲が良い女子の内申が高いのは納得行かなかったよ。

字が汚すぎたのもありました…。

中学生の息子の字が汚すぎてテストで減点されまくって困った話です

中学時代の内申は悲惨だったけど、「当日点を他の子より多く取って入学できた高校なんだからテストの点数はとても良いのでは?」と密かに期待してました。

今回は、実力に余裕を持って入学した高校での「初めての実力テストの順位」とその後についてまとめます。

スポンサーリンク

入学して最初の実力テストの結果は…

息子が高校入学してすぐに行われた実力テストの結果です。

学年順位は11番
クラス順位はなんと1番を取ることができました!!

むすこ
むすこ

英語は満点が取れたよ!!

順位表が出た日は、アイキャッチ画像の犬のような笑顔で帰宅しました(笑)

英語の先生に褒めてもらえたのが嬉しかったとのことで、英検準2級を目指して自主的に勉強するようになりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学までと違い、高校ではテストの点数で評定がつくのも嬉しかったそうです。

娘のようなスタートにならずに済んで一先ずホッとしました。

高校の評定のつけ方

高校ではテストの点数で評定がつけられるんだよ

テストで92点を取った女の子が内申5がついていたのにも関わらず、94点を取ったのに内申3をつけられたことが悔しくて、家で泣いていた息子に対して娘がこう言ってました。

むすめ
むすめ

もちろん平常点(提出物や授業態度)も見られるけど、中学ほど比率は高くないからね!!高校の評定で一番大事なのはテストの点数なんだよ。

娘は息子に、高校に入れば高校のテストの点数と模試の点数が全てだからと伝えていました。

中学時代、息子は担任の先生に「どこを直したら感心・意欲・態度でAが付きますか?」と聞いていましたが、明確な返事は一度ももらえず…

「授業態度も提出物の期限も守っているのに、どうして内申が上がらないのか分からない」
息子はずっとそう言って悩んでました。

一番悩んでいたときに娘が励ましてくれた言葉を息子はずっと覚えていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校はテストの点数で評価してくれたよ」と嬉しそうに娘に話してました。

中学時代の成績の貯金はいつまで?

せっかく最初の実力テストでクラス1位を取れたのに、そこで完全に油断して息子は再びゲーム漬けの毎日に戻りました。(想定の範囲内です)

高校は毎日の勉強の積み重ねが大事なので、油断することで直ぐに成績は落ちます。
中間テストが近いのに勉強する様子の無い息子に対して困ったな…と思っていたところ、ゲームばかりしている息子に、娘が再び喝を入れました。

むすめ
むすめ

最初の実力テストは中学時代の勉強の「貯金」で点数が取れただけだからね!!

むすめ
むすめ

中学時代の勉強の貯金が使えるのはせいぜい高校1年生の一学期まで、二学期からはコツコツ勉強し続けた子だけが成績を伸ばして行くんだよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

もう娘が母親でいいんじゃない?と思いました。

「せっかく良いスタートが切れたんだから、それを維持しなくてどうするの?」と娘に強く言われ、息子は慌ててゲームを消して中間テストに向けて勉強を始めました。

息子も高校でもスタディサプリを使って勉強しています。
約半月ぶりに私の携帯にスタディサプリの学習時間が表示されました。↓

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服



最後に

実力相応(もしくはそれより少し下)の高校に入学すると、息子のように最初のテストでは良い点数を取ることが出来ます。

良い点数が取れたことに胡坐をかかずコツコツ努力を続けるか、油断してゲームやり放題の毎日を送るかなのですが、息子の場合、隙あらばサボろうとする性格なのでこちらが何も言わないと間違いなく後者になります…。

先日娘とこんな話題になりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校1年生のうちに少々痛い目に合わせるのも必要じゃない?

むすめ
むすめ

それもそうだけど…大学受験で指定校推薦を取りたいなら最初から評定をあげておかないと間に合わないよ?

息子は高校3年生の3月まで一般受験のための勉強に耐えられるような精神力は持ち合わせていないから、今から定期テストをしっかり頑張らせて推薦を取れる準備をしておいた方がいいと娘に言われました。

息子の性格を完全に見抜いていて、全くその通りでした。

高校生になったら勉強は本人の自主性に任せるつもりでいましたが、定期テストに関しては今まで通り口出しすることに決めました。

今後成績が下がり続けたら早めに塾に入れるべきなのか、検討中ですが娘からは「本人が勉強する気がないのに塾は必要ないでしょ」とキッパリ言われてしまいました…。(その通りです)

ケロケロママ
ケロケロママ

もう一度やる気を出してくれないかなぁ…。

幸先の良いスタートが切れたのですが、高校生活はまだこれからです。
息子に対しての勉強の悩みは尽きません…。

娘の大学受験のときからずっと購入している雑誌です。
今は息子の受験用に読み返しています!!↓